Amber & Smoke Notes

iHerb、自然な食材、サプリ、美容など、生活のことを中心に。

【割引クーポンコード一覧】

NJL899:常に使える5%オフのプロモコード。他の割引とも併用可能! → 自動リンク

IHERBJP10:初回購入10ドルオフ! → 自動リンク


【今週のセール商品:7/27(木)am2時まで】

ウィークリーセール:【15%OFF】Gustus Vitae、 BPI Sports、Hydroxycut、Para'kito、Coromega、Z!NT【10%OFF】Real Health、Everyday Shea、Munchkin 今週も15%OFFが多めです❤

コエンザイムセール:細胞の活動を活性化し、ダメージを防ぐ抗酸化物質コエンザイムQ10がお得な10%オフ!!

Just a Leaf Teaセール: アイハーブオリジナルのオーガニック認定茶葉 !有機認定、化学物質なし、安全で美味しいお茶が330円から!

プレワークアウト商品セール: スタミナ・集中力を高め、運動の効果を最大限に引き出し、迅速な回復を助けるプレワークアウトサプリが15%OFF!!

15年で9回引っ越しした私が考える、一人暮らしの物件チェックポイント!!

f:id:ambersmoke:20170425225411j:plain

こんにちは。最近やってないんですけど、引っ越しが大好きなアムです。

 

ひとりの時は引っ越しと旅行が好きで、それに散財してました。独身時代が長かったのに貯金が全然貯まらなかったのは、ほとんどそのせいだと思います…引っ越し貧乏。

 

今回は物件探しの際に、これだけはクリアしたい!と思っていたポイントを書いていきます。

 

15年で9回引っ越しした私の、個人的な物件チェックポイント

一人暮らしの話です。それからちょっと(かなり)気持ち悪い話も入っているので、ご理解の上で読み進めてくださいませ…!

 

木造の音漏れは想像以上

木造の何が辛いって、やっぱり音です。物件によって多少ましなところもあるのかもしれませんが、私が住んでいた木造は本当に酷くて、隣の部屋の話し声はもちろん、夜などのシンとした時間には、隣の部屋の携帯の着信バイブの音まで聞こえてくる。

運悪く隣の部屋に夜勤のお仕事をしているおじさんが住んでいて、夜活動しててうるさいし、おならの音まで聞こえてきてちょっと本当辛かったですねぇ。ウブな18歳の乙女でしたから、かなりダメージ受けましたね…

 

虫対策には3階以上の部屋を選ぼう

タイトルなんで虫って書きましたけど、要はGです。1階から高層、築50年から新築、飲食店の上の階、空き家の上の階まで色々なところに住みましたが、ヤツに出会った時は必ず1階か2階でした。

築年数が長くても、3階以上なら綺麗にしていれば大丈夫!という実体験に基づいて、必ず3階以上にしています。

 

洗濯機置き場は室内

洗濯機置き場が室外なところもありますよね。私はある事件以来、必ず室内置きの部屋にしていました。

洗濯機を通路に置くタイプの建物に住んでいたことがあります。ある日洗濯物をしようと蓋を開けると、女性ものの下着が一枚。あ、取り忘れた?と思いましたが、いや、私のではない。取り出すと、そこには知らない下着に液体がべっとりとくっついたものが…

泣。

それ以外にも、台風で動いて戻せなくなった、蓋を開けたらいきなりカナブンが飛び出してきたという恐怖体験もあって、洗濯機の外置きはトラウマしかありません。

 

収納は必ずチェック。特に下駄箱!

言わずもがな収納は重要ですよね。部屋は狭くなるし、タンス的な家具はできるだけ買いたくないのでクローゼットは絶対欲しい。そして侮れないのが「下駄箱」!

小さくてもいいので、とにかく下駄箱はあって欲しい。下駄箱がない=靴をしまえないだけでなく、もし自分で下駄箱を購入したとしても、それを置くスペースがないというケースが多いです。腰ぐらいの高さで数足しか入らないような下駄箱でも、とりあえず備え付けてあれば、その上に棚を設置してさらに置くこともできます。

 

 

キッチンにまな板を置けるスペースがあるか!?

キッチンといえばコンロ問題。東京の一人暮らしでは、2口コンロの広いキッチンというのは割とリッチな社会人の話で、学生や新社会人は1口でもやむを得ませんよね。私も料理は好きですが、コンロの数は諦めていました。

それよりも重視していたのは、コンロとシンクの間に、15センチでもいいからスペースがあって欲しいということ。

特に一人暮らし用の物件はギリギリまで省スペースされているので、コンロとシンクが隙間なくぴったりというケースが多々あります。これがないとまな板が置けなくて本当に辛い。

シンクを塞いでまな板を置くようなお助けグッズや、まな板用の台なんかも売っていますが、料理の時以外でもマグカップ1つ、カップ麺1つも置けないのはかなり不便です。

 

ベランダに屋根がある

ベランダに屋根があるとないとでは本当に雲泥の差といえます。屋根なしのベランダの時は、微かな雨でも完全に濡れてしまうので、洗い直しの回数が激増しました。

それからベランダって実は、こんなものも置いておけます。

  • 収集日の決まっている新聞や雑誌などの紙ゴミ
  • 使っていない食器など
  • 買い置きした洗剤など
  • 冬なら根菜類、ミカンやリンゴ、缶詰など
  • ゴザなどのレジャー用品、卓上鍋などオフシーズンの雑貨

紙ゴミはそのまま、他はプラスチックのケースに入れて部屋側に寄せて置けばOK。

でもこれが屋根がないと、紙ゴミはもちろんダメ出し、ケースに入れてる物も、雨のたびにびしょ濡れになるのは心配なので、室内に置かなければならなくなります。一人暮らしの部屋は広くないので、これはかなり違います。

 

続きは次回!

もう数年引っ越していないので、忘れかけてるなぁと思いましたが、意外と出てきましたw まだあるのですが、思ったより長くなってきたのでまた次回書きます。

完全に引っ越しシーズンオフですが、何かの参考になれば幸いです。